ChatDoctorメディカルインバウンド事業

ChatDoctor
メディカルインバウンド事業

月間100件を超える外国人患者様への検診・治療・セカンドオピニオン等の医療サービス

世界に誇れる日本の医療サービスを、外国人患者様にスムーズに提供できるシステムを確立しました。
私たちチャットドクターは、海外の提携企業と協力しながら、海外の患者様へ最高峰の検診・治療・セカンドオピニオン等の医療サービスを提供しています。

外国人向け遠隔セカンドオピニオン

海外の患者様の中には、自国の主治医では解決することができず、日本の専門医の意見を聞きたいという方々が後を絶ちません。私たちは世界中の患者様が日本での治療法や、治療可否が現地で確認できるような遠隔セカンドオピニオンサービスを行っております。また、日本の医療機関が安心して外国の患者様を診察できるように私たちが信頼の第三者として架け橋となるサービスを展開しております。

支援事例

がん患者への遠隔セカンドオピニオン、治療手配

クライアント 中国在住のがん患者多数

課題
日本での治療が可能かどうかを中国現地で最低限判断したい。治療できるのであれば日本の専門医のところで治療したい。日本の国立大学病院を中心に窓口になっている独立行政法人の旅行代理店を経由すると非常に高額な代理店フィーが請求される。
提案内容
現地の診療情報(当社指定フォーマット)を事前に送付いただく。当社顧問医にて推奨ドクターを提示、患者が選んだドクターに治療可否(可能であれば、治療期間、費用)等を提示、必要あればビデオ面談を実施、渡航スケジュールを計画(病院手配、医療ビザ発行など)、治療実施。

自国で治療手段がなかったり、日本で最新の医療を受けたいが、癌患者がわざわざ出向いてくることもなかなかハードルが高いため、最低限現地で日本の医療サービスを選択できるようなシステムを構築しました。日本の国立大学病院を中心に窓口になっている独立行政法人の代理店を通すと通常の診療費の4~5倍請求されるため、患者様に満足いただけるようなシステムが組めていると思います。

お問い合わせ

当サービスのご質問・ご依頼に関しましては下記リンク先より、お問合わせください。

CONTACT