法人向けアイコン
法人・企業団体向け

新型コロナウイルス
唾液PCR検査サービス

新型コロナウイルス
唾液PCR検査

PCR coronavirus test using saliva

就業や海外渡航、その他の事情により新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のPCR検査を受けたくても受けられずお困りの方も多いと思います。保険診療においては、臨床的に感染が疑わしい場合のみに実施が可能であり、こういった社会的に必要な方々は検査の適応外となっていました。
また、従来PCR検査では、鼻腔・咽頭拭い液を採取せねばならず、検査に痛みを伴うことや採取時にウイルスの飛沫拡散リスクを伴うといったデメリットが存在しました。
そんな中、2020/6/2に厚生労働省より唾液を用いたPCR検査が認可されました。唾液検体を用いることで、検体採取に伴う痛みやウイルスの飛沫拡散リスクを克服することが可能となりました。
これを受けて、当社では、東京PCR衛生検査所(厚生労働省認可検査所)のご協力の下、ウイルス飛散リスクの低い唾液による自費PCR検査を、無症状者を対象に実施するサービスを提供することとしました。

本検査サービスの特徴

  • 低価格

    1検査当たり2.0万円〜
    (100名以上の場合)
  • (※1)

    迅速検査

    最短当日〜翌日回答
  • (※2)
    信頼できる

    検出キット・検出方法

  • (※3)
    唾液採取のため

    簡単・安全

  • (※4)
    PCR陽性者への

    適切な案内

  • 通常検体集荷後翌日回答、特急オプション(3万円)にて当日回答(14時迄到着22時迄回答)
  • 検出キット:公的医療保険適用対象の唾液検体によるPCR検査でも使用されるタカラバイオ社新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)検出キット(SARS-CoV-2 Direct Detection RT-qPCR Kit)を使用します。同キットを用いた遺伝子検査方法は、国立感染症研究所の病原体検出マニュアルに基づく方法との比較実験において陽性一致率・陰性一致率共に100%であることが確認されています(構成労働省健康局結核感染症課 国立感染症研究所公表「臨床検体を用いた評価結果が取得された2019-nCoV 遺伝子検査方法について」(2020年6月9日更新)ご参照)。また、PCR装置は、同キットとの反応性が確認済みであるタカラバイオ社最新リアルタイムPCR装置(CronoSTAR™️96 Real-Time PCR System(4ch))を使用します。
    検出方法:国立感染症研究所『2019-nCoV(新型コロナウイルス)感染を疑う患者の検体採取・輸送マニュアル』の唾液検体の取扱いに従い採取・輸送します。検体の取扱いは、バイオセーフティーレベル(BSL)2+で行い国立感染症研究所『病原体検出マニュアル 2019-nCoV Ver.2.9.1』記載の「4.3.リアルタイム one-step RT-PCR(TaqMan ブローブ法)反応」に従い臨床検査技師等が検査実施します。
  • 唾液を検体とした新型コロナウイルスのPCR検査法は2020年6月2日より認められています。厚生労働省公表資料によれば、SARS-CoV-2 Direct Detection RT-qPCR Kitによる唾液検体での結果は、発症から9日以内の症例において、鼻咽頭ぬぐい液との結果に高い一致率が認められています(厚生労働省公表「唾液を用いたPCR検査に係る厚生労働科学研究の結果について」ご参照)
  • 本検査は、新型コロナウイルス COVID-19の感染リスクを評価する非臨床テストです。厚生労働省が挙げている特定の症状は発していないものの、新型コロナウイルス COVID-19に感染している法人関係者の可能性を確認することで、周囲への感染リスクを軽減したい法人様向けの研究目的の検査となります。本検査は、医療行為に該当せず診断ではありません。また、公的保険は適用されません。なお、専門医療機関と連携しており、検査の結果陽性者が出た場合には、ご希望に応じて新型コロナウイルス陽性患者へのフォローをさせていただきます。

検体採取キットの中身について

検体採取キット・検体採取説明書

  • 自己採取キット
  • 説明書
▼セット内容は以下の通りです。
  • ①一次容器(遠沈管)
  • ②消毒液(アルコールパッド)
  • ③パラフィルム
  • ④ジップパック

包装輸送パック

  • ⑤二次容器(バイオパウチ)
  • ⑥三次容器(バイオクールカートン)
  • ⑦緩衝材
  • ⑧保冷剤
法人様向け
新型コロナウイルス
唾液PCR検査サービス
お電話受付時間
(平日)8:30〜15:30
メール
24時間受付可能
※お問い合わせいただいて2営業日以内にご返信いたします。

本検査サービスの流れ

  • 1

    本検査サービスのお申し込み

    実施希望のPCR検査数、希望集荷日(未定でも可)その他必要な情報を指定の検査申込書に記載の上、メールにてお申し込みください。なお、希望集荷日は、原則申込日の3日後よりご指定いただけますが、検査状況により調整させていただく場合がございます。また、集荷日が未定の場合でもお申し込みいただけます。その場合は、先に検体採取キット及び包装輸送バックをお届けしますので、集荷希望日が決まり次第ご連絡ください。(原則ご連絡を頂戴した日の2日後より集荷希望日をご指定いただけます。)

    お電話受付時間
    (平日)8:30〜16:30
    メール
    24時間受付可能
    ※お問い合わせいただいて2営業日以内にご返信いたします。
  • 2

    お申し込みの確定、請求書のご送付

    お申し込みが確定しましたら、当社より検体採取方法や梱包集荷方法等の説明資料をメールにてお送りいたします。同時に、請求書をメールにてお送りいたします。原則として5営業日以内にお支払いください。

  • 3

    検体採取キット及び包装輸送パックのご送付

    検査に必要な検体採取キット、包装輸送パック(保冷剤付)をご一式ご郵送いたします。
    ※事前に保冷剤の冷凍が必要です。到着後、検体集荷予定時間の24時間前までに、保冷剤を貴社冷蔵庫へ(業務用・家庭用いずれも可)お入れください。冷凍庫がない場合は、オプション料金(5,000円)で当社にて冷凍済み保冷剤を手配することも可能ですので、ご相談ください。

  • 4

    検体採取・集荷

    検体採取説明書に則り、検体提供者さまがご自身で採取した検体を、貴社にてお取りまとめください。
    ※検体採取は集荷直前が望ましいのですが、検体採取後、可能な限り速やかに氷上または冷蔵庫(4℃)に保管していただければ集荷前日の採取も可能です。検体提供者さまが自宅で採取される場合は、冷やした状態で貴社集荷場所にご持参いただく必要がある点、貴社にて集荷時まで保管する場合は、冷蔵庫にて保管していただく必要がある点ご留意ください。
    その後、貴社にて検体梱包集荷説明書に沿って梱包を行い、検体送付票にご記入のうえ、検体に同封してください。当社もしくは当社委託業者が集荷日時に検体の集荷に伺います。

  • 5

    検査結果の確認

    検査結果報告書を、検体集荷の翌日(特急オプションご利用時は集荷当日)に、検査申込書に記載のご連絡先にメールにてお送りいたします。

PCR検査と抗体検査
の違いは?

発症してすぐに陽性になるのがPCR検査です。
PCR検査はウイルスの遺伝子の一部を測定しますので、発症してウイルスが増えている状態で検査を行えば陽性となります。
発症から3週間はPCR検査が陽性になりやすく、発症から3週間目以降は抗体(lgM/lgG)が陽性になるといわれています。
つまり、発症してからしばらくの間の新型コロナウイルス感染症の診断には、PCR検査が向いており、新型コロナウイルスに感染していたことを後から知るためには抗体検査が適しているということになります。

本検査サービスの利用料金

(税抜)
(税抜)

【料金表】(検体採取キット・検体集荷料・検査料込)

PCR検査数 検査1回あたりの単価 料金に含まれるもの
1回〜99回 2.2万円
  • 検体採取キット:PCR検査数分
  • 包装輸送パック(最大50個検体収納可):1〜2個
  • 検体回収サービス:1回(45回以上は2回)
  • PCR検査料:PCR検査数分
100回〜199回 2.0万円
  • 検体採取キット:PCR検査数分
  • 包装輸送パック(最大50個検体収納可):2〜4個
  • 検体回収サービス:2〜4回まで
  • PCR検査料:PCR検査数分
200回〜 応相談
  • 検体採取キット:PCR検査数分
  • 包装輸送パック(最大50個検体収納可):4個〜
  • (注:検体数45個ごとに包装輸送パック1個)
  • 検体回収サービス:包装輸送パックと同回数まで
  • PCR検査料:PCR検査数分
  • 単一の申し込みにおいてご購入いただくPCR検査数に応じて、上記料金表が適用されます。
  • PCR検査数45回分ごとに、包装輸送パック1個及び検体回収サービス1回分が基本料金に含まれております。(PCR検査数45回未満の場合は、包装輸送パック1個及び検体回収サービス1回分)。ご希望に応じて、1回の集荷によりまとめて検体を回収しPCR検査を実施することも、数回に分けて検体回収しPCR検査を実施することも可能です。ただし、基本料金に含まれている包装輸送パック個数分及び検体回収サービス回数分を超えて追加集荷が必要となる場合は、包装輸送パックの追加料(7,500円/個)を別途ご請求させていただきます。
  • 集荷地が東京PCR衛生検査所(東京都港区南青山2-27-27)からGoogle map最短距離30キロ圏を超える場合には、別途集荷料金が加算されます。お申し込み時にお見積もりさせていただきます。なお、2020年8月17日以降はゆうパックでの全国集荷手配が可能となります。
  • 本資料に記載の金額は全て税抜き表示となります。

結果報告書サンプル

  • (一覧表)
  • (個別表)

本検査は、「現在の感染」を調べる検査で、無症状な方を
対象とさせていただいております。就業や海外渡航、その他
の事情によりPCR検査をご希望される方はご利用ください。

法人様向け
新型コロナウイルス
唾液PCR検査サービス
お電話受付時間
(平日)8:30〜16:30
メール
24時間受付可能
※お問い合わせいただいて2営業日以内にご返信いたします。