ChatDoctorセカンドキャリアサポート事業

ChatDoctor
セカンドキャリアサポート事業

クリニックの承継、清算、その後の就職サポートなどの支援サービス

後継者不在による診療所承継、清算、その後のリタイアプランなどに関する開業医のニーズは少なくありません。
当社は、入念なヒアリングの上、独自の広範なネットワークから最適なパートナーを取捨選択し、きめ細かなアレンジを行っていきます。

医療機関事業承継

後継者が居なくて診療所の継承ができない、診療ノウハウの引き継ぎがうまくいかないなど、事業継承には困難がつきものです。私たちは、豊富な経験を生かして、スムーズな事業の引き継ぎをサポートします。

開業医セカンドキャリア支援

開業医の先生の長い人生の中には、リタイアメントプランに関する悩みもあります。私たちは、入念なヒアリングの上、独自の広範なネットワークから最適なリタイアメントプランを提案します。

M&A支援事業

個々の医療機関の特性を理解した、キメ細やかなM&A支援を実現します。M&Aのニーズのある医療機関は少なくありません。当社は、対象となる医療機関の財務状況を的確に把握した上で最適なパートナーを取捨選択し、細部まで行き届いたアレンジを行っていきます。

支援事例

クリニック清算、セカンドキャリア支援

クライアント 東京都世田谷区内 消化器内科

課題
開業後20年以上経過し地域に根付いたクリニックだったが、近年は特定の収入(治験)への依存傾向があり、徐々に経営状況が悪化。
一方で院長個人では、クリニックを継続するか清算するかをどう判断すべきか、またその後の手段をどう踏むべきかがわからず、負債が増えていく一方であった。
提案内容
クリニックの清算(行政関連手続き、賃貸物件整理、カルテ整理、など)、患者様を提携している近隣クリニックへの紹介、従業員の職業紹介、院長のセカンドキャリア支援(第2の人生を沖縄で)、負債整理(金融機関調整)
導入効果
患者様は引き続き近隣の信頼できるドクターが診察する体制を確保、従業員は職を失うことなく仕事を継続、
院長は安定収入を確保。(沖縄での雇われ院長勤務)、複数の金融機関からの借り入れを一本化。
安定収入をベースに確実な返済計画をプランニング。

開業医は体力勝負のため、どうしても後継者がいなかったりすると、60代を過ぎ体力の低下とともに患者数も減少していかざるを得ないです。一方で近年の診療報酬改定などで、患者当たりの診療報酬は減少していく傾向にあり、従来の診療のやり方を続けていると経営状況が悪化するケースが多いです。また、治験などのその他収入も近年は厳しくなってきており、そこに依存していたクリニックなどは閉院が相次いでいる中で、当クリニックも上記に近い状況で、一刻も早く決断をせねばならない状況でした。クリニックを継続させる提案もしましたが総合的に判断し、早期に閉院し、患者様その他関係者がすべて満足できるような形で清算を完了したモデルケースといえるかなと思います。

お問い合わせ

当サービスのご質問・ご依頼に関しましては下記リンク先より、お問合わせください。

CONTACT